えいがのおそ松さんを見た感想レビュー|ネタバレ感想とファン視点の考察

えいがのおそ松さん_ネタバレ感想レビューとファン視点からの考察

こんにちは、なるみ(@naru28_)です(*´◒`*)💕

おそ松さん公開日にさっそく見に行ってきました!

えいがのおそ松さん

えいがのおそ松さん!

おそ松さんアニメ全盛期の時期は友達と毎週オンタイムで見て、録画もばっちりグッズもすこし集めてみたりと少々オタクをしていたのです

なるみ

いまはもうそこまでの熱ではなくなっていましたが…

なので今回の映画は楽しみにしていました!

なんとなく内容はギャグばっかりなんだろうな~と思っていたのですが…ある意味で予想していなかった展開と内容でした

しかしおそ松さんファンなら誰しも一度は想像したことあるような内容と展開。

ファン心をグッとつかんでくるような思わず涙がほろりと出てくるような作品です

というわけで早速「えいがおそ松さん」の感想レビューをしていきます!

ちなみにdTV限定アニメおそ松さんシリーズとえいがのおそ松さんオリジナル短編劇場が楽しめるようになっているので、ぜひ映画を見たあとはチェックしてみてくださいね!

31日間無料おためしアリ!
dTV限定のオリジナル短編劇場をみる

えいがのおそ松さんのあらすじ

迷い込んだ不思議な世界で6つ子が出会ったのは、18歳の自分たち。

ある日、高校の同窓会に訪れた、6つ子たち。

ちゃんとした大人に成長し、社会人として活躍する同級生たちとの再会で、対照的な冴えない自分たちの現実に打ちのめされ、やけ酒をあおり、眠ってしまう。

翌朝、目が覚めたおそ松たちは、部屋の異変に気付き、街に出る。

目に移るのは、いつもと違うけど、どこか見覚えのある風景。

ここは「過去の世界」ではないかと疑い始めた矢先、デカパンから「6人の中に、この時代に大きな後悔を残している人物がいる」と告げられる。

真実を確かめるため、彼らが会いに行ったのは、18歳の自分たちだった…

引用:えいがおそ松さん公式サイト

えいがのおそ松さんを見た感想レビュー

一言でいうと、めちゃくちゃ面白かった!

ただ今回の映画は万人ウケするというよりは、ファンのために作られた映画といっても過言ではない。

今までアニメでは描かれることがなかった6つ子の高校時代が描かれているので、まさに元祖「おそ松くん」と「おそ松さん」の間のストーリーですね。

どうやって6つ子全員のパーソナリティ、キャラクター、個性が確立されていったのか明確になる作品です。

えいがおそ松さんを初めて見るよりかはアニメをおさらいして映画を見るほうがより楽しめるし、面白く感じます

むしろファン以外のひとが見ると頭が「?」でいっぱいになってしまうかも。

アニメ同様がっつりギャグ要素と下ネタがたっぷりなので、友達やあまり仲良くない友達と行くと気まずいかな?という感じ😂

この2つの要素にプラスしてSF要素もはいっているので、今まで見ていたアニメおそ松さんとは少しテイストが違うかも。

内容的には笑いあり、ギャグあり、下ネタあり、ミステリーあり、SF要素あり、シリアスあり、ちょっぴり涙あり…かなりたくさんの要素がつまっています

始まってすぐは「このダダすべりしている感じはやばくないか…?」なんて思うけど、物語が進むにつれて面白さもパワーアップ!

見れば見るほど味が出る、スルメみたいな映画ですね。笑

「そこやっちゃって大丈夫?」ってなパロディをいれちゃったり、相変わらずのアニメおそ松さんのような破天荒なシーンもたっぷりw

この6つ子のキャラがあったからこそ確立した映画でした

まあ…あとはさすが声優さま!って感じですw

この映画を見たうえでまたアニメおそ松さんを見ると今までとはちがった印象で楽しめるんだろうなあと思いました

えいがのおそ松さん数量限定の入場者プレゼントについて

今回の映画では、数量限定の入場者プレゼントとして第一弾ではコースターがプレゼントされます💡

ちなみに今回わたしがもらったコースターはこちらです

えいがおそ松さんの入場者プレゼント

おそ松でした!

ちょっぴり一松かな~って期待してたけどおそ松でした😂

この入場者プレゼントは、いろいろと変わっていくみたいなのでこのあとのプレゼントも要チェック!

しなみに前説劇場のペアも変わっていくみたいなので、全シリーズ見たい場合は毎週通うしかなさそう…

なるみ

公開日に見たわたしはおそ松×とど松でした!

えいがのおそ松さんオリジナル短編劇場について

今回えいがのおそ松さんをするにあたってdTV独占の限定コラボイベントをしているみたいで、

dTV限定でえいがのおそ松さんオリジナル短編劇場を見ることができます

えいがのおそ松さん×dTV

映画を見るときにパンフレットをもらいました

えいがのおそ松さん×dTV

アニメおそ松さんも見れるっぽい!

オリジナルの短編劇場だけじゃなく、今までのテレビシリーズやおう松さんとか限定でやってたスペシャルコンテンツもまとめて見れるのでめちゃくちゃアツイ…!

ネットフリックスとかでもおそ松さんは配信しているらしいんですが、ここまでがっつりとした特集をしてくれてるのはdTVだけですね

映画を見たあとはもう一度アニメを全シリーズ見直して考察するもよし、dTV限定の短編劇場を見て楽しむも良し!

31日間は無料で見ることができるので、とりあえずおそ松さんのためだけに契約するのも良いかなって思ってます(笑)

dTV限定えいがのおそ松さん短編劇場を31日間無料で楽しむ

【がっつりネタバレ注意!】ストーリーの流れ

あらすじ通り、6つ子が高校の同窓会に行くところから物語は始まります。

同級生から「いま何をしているのか」と聞かれ始めはなんとか嘘で誤魔化していたのですが、うっかりおそ松がニートだとバラしてしまったおかげで同級生からは罵倒の嵐…。

落ち込んだ6つ子たちはその夜、やけ酒をあおり朝目が覚めるとなんと自分たちが18歳だったころの「過去」にやってきてしまっていたのです。

急いでデカパン博士に助けを求めにいく6つ子でしたがそこで告げられたのはただの「過去の世界」ではなく「大きな後悔をしている人物が作り出した空想の過去の世界」だということ。

そして、元の世界に帰るには「過去の後悔を解決してあげること」が必要だということが告げられます。

一体だれの後悔なのか「18歳の自分たち」に会いに行く6つ子たちでしたが、そこにはいまとは違い6つ子全員がバラバラで将来に不安を持ち悩んでいる6人。

それぞれが過去の自分に恥ずかしさを抑えきれない6人でしたが、結局だれの後悔なのかは分からず仕舞い。

彼らが過去の自分に会いに行くたびにいる「黒猫」の存在に引っかかる一松は、誘導されるままついていくのですが、やっと真相がわかりそうになったところで過去の自分たちの同級生につかまってしまいます

このまま現代に戻れないままなのか…と悩む全員のまえでやっとのことで重い口を開いたのはなんとカラ松でした。

カラ松は高校の卒業式の前日、家に帰ったところで「松野くんへ」という手紙を受け取っていたのです。

しかし兄弟全員に心当たりがないか伝えようとしたところで大喧嘩をしてしまい、結局手紙の存在をほかの兄弟に伝えることもできず、内容も分からないまま手紙をなくしてしまいます。

そのことがずっと心に引っかかっていたカラ松が引き起こしてしまった事態なのでした。

そしてなぜこの手紙のことをずっと言えなかったのかというと、この手紙のことを伝えると必然的に自分たちがバラバラで兄弟仲が悪かったことを思い出さなくてはならず、辛い思いをしてしまうのを避けたかったから…。

やっとのことで「過去の後悔」がわかった6人は手紙の内容を突き止めるべく、大喧嘩が起こった卒業式の日、過去の自分たちに会いに行きます。

なんとか喧嘩を収めた6つ子は手紙の送り主である「高橋さん」について過去の自分たちに伝え、黒猫に誘導されるまま「高橋さん」に会いに12人で向かうことに。

いざ「高橋さん」に会って手紙をなくしてしまったこと、内容を知りたいことを伝えるのですがそのままはぐらかされてしまい高橋さんと一緒に記念撮影をすることになるのです。

やっとのことで「過去の後悔」を拭うことができた6人は無事に現代へ戻ることができます。

手紙の内容はなんだったのか?そして高橋さんの存在は?

これについてはネタバレありの感想で語っていきたいと思います。

ネタバレありの感想レビュー

100%ギャグ映画と思っていただけに、最後はちょっと泣かされるシーンもあり予想外でした。笑

まず映画本編がはじまるまえに「前説のおそ松さん」というのがあるんですね

正直「あ~やっぱギャグアニメで映画はきついか?尺稼ぎ?」って感じに思ったのですが、あれはまあ一種の余興でしたね

あれはあれでショートストーリーとして楽しめます

そして本編ですが、改めて「おそ松さん」というアニメはこの6人がいるからこそ成り立っているんだなあと感じるような内容でした

今までのアニメのようなただただギャグと下ネタで笑って終わる…という話ではなく

見方によってはかなりメッセージ性の強い映画だったと思います

わたし個人的にはかなり冒頭のデカパン博士の言葉がこころに残っていて、それが「過去を振り返っても仕方がない。そんなに無駄なことはない」というような台詞なんです

このあとの考察の部分でもすこしお話ししますが、未来は意外となんとかなってるから不安ばっかり持ってないで過去ばっかり振り返るなよ!というメッセージがあったのではないかなと。

そして嫌な過去と向き合う大切さ。

彼らが無意識のうちに忘れようとしていた仲が悪かったころの自分たちと対峙したわけですからね。

でもその結果、過去の自分たちを勇気づけることができたし自分たちはこのままで良いんだと声をかけることができた。

さらにもう一つよかったのが、エンディングで高校生時代の6つ子の写真がたくさん流れていたところ。

楽しそうな高校生時代の写真がたくさん流れていて、本当に最後の最後までファンを喜ばせてくれるような内容でした!

この最後にこそファンが本当に見たかった6つ子の姿がつまっていましたね!

個人的には、めちゃくちゃコミュ力の高いクラスでもわりと上位カーストにはいる一松の姿が最高でした😂

なるみ

一松優勢の箱推しだったもので

アニメおそ松さんでは想像できないようなキャラの6人が見ていて本当に最高、楽しい!

シリアスなシーンが多いとはいえ、さすがはギャグアニメだけあって思いっきり笑かされるシーンも多いので、静かな映画館で笑いをこらえるのが大変でした…笑

一口で二度おいしい素晴らしい映画!

ファン視点から見る「えいがのおそ松さん」の考察

高橋さんの存在

アニメおそ松さんから見ているファンの方はもう気付いていると思いますが、おそらく「高橋さん」の存在はアニメおそ松さんのファンを映し出したものです。

まさに「高橋さんからの手紙」はファンの気持ちを代弁するような内容だったと思います。

6つ子それぞれにキャラクターがあって、6人でいるといつも楽しそうで、喧嘩をすることがあっても仲が良さそうで、羨ましくもあり、それが最大の魅力に感じるし、そんな6人が素敵だというような内容。

おそ松さんのアニメなどの考察ではよく「こうして仲が良いけど過去にはそれぞれ比べられたりすることがあったんじゃないか。6つ子ならではの葛藤があったのではないか。」なんて話されているのですが、

今回の映画ではまさしくそれがメインの内容になっていて6つ子であることに嫌気がさしているシーンが描かれているんですね。

でも私たちおそ松さんファンからすると、6つ子であるからこその独特の世界観やそれぞれのキャラクターが好きで、それでこそ6つ子なんだと思っています。

高橋さんの手紙でもそんなことが書かれていました。

「悩んでいた思春期の彼ら」に向けた「わたしたちファンからの手紙、気持ち」だったのかなと。

つまりこの映画はただただ楽しむためのものだけではなく、ファンから6つ子たちに対するメッセージの映画だったのではないかなと感じています。

アニメを終えての映画、本当の締めくくりを描いていた映画だと思います。

アニメでは一切出てこなかった映画オリジナルの「高橋さん」というキャラがある意味では今回の映画のメインキャラクターだったのではないでしょうか。

6つ子それぞれが過去の自分に声をかけるシーン

印象的だったのは、高橋さんの家を目指す途中、6つ子それぞれが過去の悩んでいる自分たちに声をかけるシーン。

6人それぞれが6つ子であることへの葛藤や不安・悩みを持っていて、それが悩みがきっかけで仲違いをしてしまっていたんですね。

おそ松はおなじ6つ子のはずなのに「兄」という枠にいれられてしっかりすることをある意味で強要されている

カラ松は仲違いをしてしまっている兄弟に兄として6つ子として葛藤。

チョロ松はまじめなのに成績も悪く将来が不安

一松は自分を偽って友達に必死に合わせている自分に窮屈さを感じていて

十四松は迷走したあげくヤンキーに(笑)

とど松はただただ甘えたで少しずつ仲違いをしている兄たちに不安を覚えている。

きっと6人にとって「高校生時代の思春期の自分たち」は思い出したくはない黒歴史(笑)であり、自分たちがバラバラだった過去なんですよね

でも大人になってある意味で悟りを開いた彼らの言葉は本当に感慨深いものでした。

一つ一つの台詞をしっかりと覚えているわけではないのですが、ざっくりまとめると「そのままでいい」「なんとかなる」「未来の自分たちは輝いている」という内容です

これって映画のなかの6つ子たちだけに宛てた言葉ではなく、見ている私たちにも伝えるようなメッセージだったのではないかと思います

人間だれしもが必ず1つは過去を後悔していることってあると思うんですね

でも、過去には帰れないしこの先の人生は続いていくわけですよ。

いくら不安を持っていたって過去を振り返ったって時間は過ぎていくし、意外と人生ってなんとかなるようになっています

過ぎてしまえば「どうってことなかったな!」と感じるくらいには簡単に。

だからこのえいがおそ松さんでも「今は悩んでて辛いかもしれないけど、大丈夫。焦って変わる必要はない、なんとかなるよ」といメッセージが込められていたんじゃないかなあと、勝手に考察しています(笑)

6つ子の後悔

6人が空想の過去の世界へ飛んでしまったのはカラ松の後悔だったという設定でしたが、

もしかすると「手紙を読めなかった」というカラ松の後悔だけではなく「仲違いをしていた自分たちに対する後悔」でもあったのかなと感じました

だから敢えて卒業式の日、大喧嘩をしてしまった日の自分たちに会いにいって喧嘩を止めた。

アニメで描かれていた6人の仲が良いからこそ「あの頃の自分たちに後悔をしてほしくない」みたいな…。

過去に向き合うって大切なことですよね。

アニメおそ松さんからの集大成

アニメから始まり、今回の映画まで来たわけですが、ある意味で「おそ松さん」は終わりを迎えたのかな?と感じました

アニメであれだけ馬鹿やってふざけたおしていて、今回の映画で描かれたのはファンがずっと気になっていたであろう「高校生時代の6つ子」。

今までは想像でしかなかった彼らが描かれたわけです。

これで一応区切りを迎えたといっても過言ではないのかな?と思います

もしまたアニメをするとしても今までのアニメ同様、きっと下ネタとかぎりぎりのラインの内容だろうし、言いにくいですがマンネリ化してしまいそうですよね

そう考えると、このえいがのおそ松さんで終わりを迎えたほうがキレイな形で終われるんじゃないかと感じています

今まで応援していたファンの方々に対するお礼を込めて…という感じですね

えいがおそ松さんまとめ

今回の映画、予想を反してかなりおもしろかったです!

おそ松さんファンならみんなが楽しめる内容になっているし、映画を見終わったあとは思わずまたアニメを見返したくなるほどの面白さ!

一時の熱から醒めてしまえば「なんであれだけおそ松さんにハマってたんやろう?」って思うんですが、映画を見返したら思い出しますね。

あの面白さを。

さすがあれだけの人気を誇っただけはあります。

なるみ

わたしは映画を見たあとすぐにアニメを見返しましたw

時間があればもう一度ゆっくり考察しながらみたいなあと思っています。

ぜひおそ松さんファンのあなたも、今まで興味がなかったあなたも、えいがのおそ松さんを見てみてくださいね!

アニメおそ松さんを今すぐ見返したい!