雑記

私がメルボルンへ帰るにあたって母もメルボルンへ来ることになったよ!

昨日まであれだけ悩んでいたメルボルン行きですが、なんとここへ来て母も行くことになりました!w

最高じゃないですか。

といっても、ちょっとバタバタしているので14日出発できます。

なので実質メルボルンで過ごせるのは3日間ほどですね。

こうして母が来るきっかけをくれたのは、まぎれもなくお世話になっていたホストファミリーと、父の言葉。

留学してから約3年間、お世話になっていました。

母が2度、父は1度、叔母が1度メルボルンへ来てくれたのをホストはずっと覚えてくれていて、いつも「家族は元気?」って気にかけてくれている優しいホストファミリー。

実は私、毎年帰る帰る詐欺をしてたんですよねw

いつも「いつメルボルンへ遊びに来るの?すごくmiss youしてるよ」なんて言ってくれてる。

今回決めた時も「カギも渡すし、存分に楽しんで!」なんて言ってくれて。

とりあえず私が行くね、って言うと「ママは来ないの?部屋も用意するから遊びに来て!」って。

実は実家が会社をしていて、母は月始めと月末がどうしても忙しいんです。

チケット代ももちろん安いわけではないし、私が誘っても「うーん…お母さんはいいから楽しんでおいで」なんて言ってました。

でもホストマザーが「本当にいつでもウェルカムだから!ぜひ一緒に!」ってめっちゃゴリ押ししてくれてることを伝えたんです。

それでも悩んでいたところに父の「そうやって行けるのなんて、今だけやで。もっと年齢重ねたらもっと難しくなる」という一言。

その場で早速私が行っている間に来れる日をチェックして、チケットをとりました。w

うーん、すべてが重なって起こった奇跡ですね。

  • ホストマザーが母に会いたいと言ってくれた
  • 父の一言
  • ちょうど私がいるのが中旬あたりだった

どれが抜けてても、ダメだったなと。

これはもう神様から行けって言われてるね。

何年経っても待っててくれる人がいるという安心感

まあメルボルンへ行く~なんてカッコよく言ってましたが、きっとこのホストファミリーでなければ行ってないと思う。

というか、待ってくれてる人がいるって安心感、はんぱじゃないよね。

「私ってしっかり記憶に残ってるんや」みたいな、ある意味、存在意義のような。

一度ホストを変わってるんやけど、もし前のホストやったら、戻ることなんてなかった。

それくらい大好きで、会いたいと思わせてくれる。

本当に出会えてよかったなぁと感じてます。

私が行くことをほんまに楽しみにしてくれていて、母も一緒に行くよって言ったらなお喜んでくれた。

どうしようどうしようって迷ってたけど、いまめちゃくちゃ楽しみです。

これからどこへ旅行に行っても、「また会いたい!」って思うような人たちと出会っていきたい。

そして自分も「また会いたい!」って思われるような人になりたいし、そういう接し方をしていきたい。