旅行

【行って分かった!】パリへの旅行で気をつけるべきこと!

【行って分かった!】パリへの旅行で気をつけるべきこと!

こんにちは、なるみです💕

フランス・パリって「スリや詐欺に気をつけろ!」ってよく言われていますよね。

私も実際にいくまえ色んなブログを読んでいたら「バッグには南京錠をつけたほうがいい」という意見もあって、めちゃくちゃ驚きました😶

ただ驚いてるとは言っても「まあどうせ自分は大丈夫やろうな~」なんて思っていたのです。

しかし旅行にいってみると詐欺やスリの手口は巧妙で、気をつけている私でもひっかかりそうな場面がたくさんありました。

今回はそれらの巧妙な手口と、どういう風に気をつければ良いのかについてお伝えしていきます。

これからフランス旅行へ行く方はぜひ参考にしてみてくださいね💡

パリで気をつけること1:スリ

まず、パリで一番多いと言われている犯罪がスリです。特に日本人は平和ボケしている部分があって、盗られるというのが想像つかないんですよね。

しかし、彼らの手口は巧妙です。笑

いろんなパターンがあるのですが、割と有名な手口を2つほどお伝えしますね

  1. 複数人で寄ってきて、話をしている間に盗む
  2. 人混みの中でわからないように盗っていく

①の場合はバッグを前に置いておけば防げるスリですが、②は観光地で気をつけなければいけない手口です👆

特にルーブル美術館やベルサイユ宮殿、モンサンミッシェルに行くときには注意してください。

というのもわたしが参加していたツアーでのガイドさんが、毎回案内するお客さんの中で1人〜2人の方は被害に遭っていると言っていたからです。

それも帰るときまで全く気づかないほど巧妙な手口なんだとか…

たしかに人混みに揉まれると注意が散漫になってしまうし、特に平和ボケしてしまっている日本人はターゲットにされやすいようです💦

なので、パリ市内を観光するときはスリに気をつけるようにしてください!

常にバッグを目に見えるところに持って、ちょこちょこ財布があるのか確認しましょう💡

パリで気をつけること2:詐欺

パリで多いと言われている犯罪の2つ目は詐欺です。

「大丈夫大丈夫、遭うわけないやん!」って思っている人ほど注意してください

なぜかと言うと…

わりと海外慣れしているわたしが詐欺に遭いかけたくらい巧妙な手口だからです

実際にエッフェル塔の下で詐欺に遭いかけたので、その時の会話を残しておきます

パリのエッフェル塔での詐欺師との会話

※会話はぜんぶ英語でした

Do you speak English?(英語はなせる?)
yep(うん)
いま署名を集めてて、サインしてほしいんだ。
いいけどなんのための署名?
足が不自由だったり恵まれない子どもたちのための署名だよ
そうなんや、いいよー。名前とポストコード…ここでいいの?
うん、本当に助かるよ。ありがとう。…ところで君は日本人?
うん、そやで!わかった?
僕、日本だいすきなんだ!アリガト!
そっか、嬉しいな。はい、書けたよ
あ、待って。ここが書けてない。金額の部分!
いや、意味がわからんくて空けてるけど
君がこの恵まれない子どもたちに募金するとしたらいくらする?僕が代わりに募金するんだ
ん?どういう意味?あなたが払うの?わたしが書いた金額を?
うん、そう。だからいくら募金したいか金額を書いて。意味、わかる?
いや、意味はわかるけど。わたしは払わなくてあなたが払うってことよね?
そうだよ、だから金額を書いてほしいんだ

…こんなこと意味のわからんことあるはずないのに私は20ユーロという数字を書いてしまった

そうすると…

はい、君いま金額書いたよね。払ってよ。
はい?いや、書いてっていうから書いただけであなたが払うっていうたやん
うん、だから僕が払うために君が先にお金出して
はい???

ってなりハトコに助けを求めようと後ろを振り向いたらハトコも女の詐欺師に捕まってた😂😂

ちょっと、早く払ってよ
いやだから意味わからへんって

と詐欺師と話をしているハトコに近寄り、日本語で話しかけるわたし

これさ、詐欺ちゃう?てかそもそも現金持ってないし
やと思うわ。てかわたしら現金持ってないし(英語)
そんなのいいから早く払いなさい
そうだよ、君たちはここにサインして金額を書いたんだから払う義務がある
だから現金持ってへんっちゅーねん。旅行できてるからぜんぶ支払いはカードやねん
だから無理。払う義務もないし
あなたたちはサインしたんだから!…警察呼ぶわよ
呼べるもんなら呼んでみて。ぜったいそっちが捕まるで(もはや日本語)

…私たちが日本語で話し始めると急にフランス語でキレ出した二人組み。どうやらグルだったらしい🙃

すっごいギャーギャー怒ってたけど

もうええよ。いこいこ!

というハトコの力強い言葉で詐欺師から逃げました

後ほど入ったカフェで調べたら、これが詐欺の手口だそうです

まず旅行者っぽい人たちに近寄って「Do you speak English?」と聞く。

yesと返事があったらサインを書かせてお金をとる。

でも素直に払うひとは少ないから、そこで「警察を呼ぶぞ」と脅すことで普通の旅行者のひとたちはびっくりして払ってしまうそうです😭💦

たしかにかなりの勢いで迫ってきてたから、わたしも一人できてたら怖くて払ってしまってたかもしれません

本当に途中で「お金を払え」って言われるまではただの親切心でサインを書いていただけなので、人の良心につけこんだ汚いやり方やな〜って思いました

海外でこうやってサインをくれ、なんて言われても詐欺の可能性が90%くらいあるので気をつけてください✋

本当に困っていて署名を集めている人の邪魔をしているこんな詐欺師たちは、早く駆逐されたら良いなと思います

歩いていて「Do you speak English?」と話しかけられたら無視するか「No」とだけ返事してさっさと退散するようにしてください!

パリで気をつけること3:ぼったくり

これはかなり少ないと思いますが、一応、気をつけておきたいのがぼったくりです。

特にフランスでは英語も通じにくく、英語で話をしてもフランス語で返事される…なんてことも多くありました。笑

そのため意思疎通がうまくいかなくて、まあいっか…みたいに思われちゃんですよね。

また、基本的にカード払いで英語を話せないイメージが強い日本人はビル(請求書)を見ないって思われているようです。

そのため、あれ?なにこれ?みたいな注文が入っていたり、カードで払おうとしたら金額が少し多い…という場面が数回ありました。

これ金額おかしくない?

と気づいたハトコがスタッフさんに伝えて「ああ!ごめん…!間違えてるよね、ごめんね、本当にごめんね」ということもあったので全員がわざとって訳ではありませんが…

支払いをするときは気をつけてくださいね☝︎

パリでの旅行は気をつけながら楽しむこと!

今回フランスに行ってみてわかったのは「パリって楽しいだけじゃないんだなあ」ということ!笑

日本という平和な国に長いこといすぎて、危機感が薄れてました。

特にフランスは夜になると「どこのスラム街…?」ってくらい治安が悪くなるところもあったので、綺麗だけど気をつけなければいけない街ですね。

もちろん街並みも素敵でご飯も美味しいし、親切な人だっているし一度は旅行するべき場所だと思います😌💕

でも行くときは危機感を忘れず、被害に合わないよう十分に気をつけて楽しむようにしてくださいね!