映画

福山雅治「零-zero-」の歌詞について意味を考察・解釈してみた

福山雅治「零-zero-」の歌詞について意味を解釈・考察してみた

みなさんもう名探偵コナン-ゼロの執行人-は見ましたか?????

本当に本当に最高ですよね、わかります。

しかも新たに本誌のほうで衝撃的な事実が分かってとんでもないことになってるんです🙄🙄💕

まあそんなことはさておき、とりあえずゼロの執行人は見たほうが良い…。

映画公開が終わった後に魅力に気付いても遅いんだ!

いま!!!大きなスクリーンで楽しまなきゃダメなんだ!!!

でもね、注目してほしいのは映画の内容だけじゃない。

福山雅治さまが歌っている主題歌「零-zero-」にこそめちゃくちゃ注目してほしい…!!!

すぐにダウンロードできるのでまだ持っていないなら今すぐスマホにいれてあげてください。

福山雅治の「零-zero-」には最高が詰まっている

YouTubeにはショートバージョンしかアップされてないけど、とりあえず見て。

福山雅治さんが、本当に本当に魂をこめて作った曲。

降谷零という男をしっかりと理解して書いてくださったんだろうな…って心から伝わる。

「零(レイ)」という漢字をつかっているけど、読み方は「ゼロ」。

これにもしっかりと意味があって、この歌があったからこそゼロの執行人はこんなにも素敵な映画になったんだろうなと。

なんでそんなこと分かるんだ?って思うよね。理由はこれです。

福山雅治さんが映画製作チームにあてて書かれた手紙です。

「零の可能性」「降谷零、安室透、バーボンというトリプルフェイスを持つ男の存在意義」がしっかりと歌に詰め込まれてる。

ゼロというチームに所属しつつ、いつも「零の可能性」を探している。

真実はいつも1つだけど、完全なる正しさなんて存在していなくて、正義は人の心の数だけ、涙の数だけある。

めっちゃしんどいでしょ。しんどいしかないでしょ。

エンディングのときに映像とこの歌が流れてきて本当に泣いた。

感情移入するタイプの人間には心が張り裂けそうになるほどしんどい映画。

福山雅治さん、今回主題歌を担当するにあたって本当に降谷零という男についてしっかり考察してはって、私が言うのもおこがましいけど、本当にプロやと思った。

きっと彼じゃなかったら、こんなにも映画にマッチする素晴らしい主題歌は生まれなかった。

「零-zero-」という主題歌があったからこそ、降谷零という人間はどんなことを考えてどんな気持ちで日本という国を守ろうとしてるのか…を少しでも理解することができた。

ほんっとうに今までのコナン映画主題歌の中でもトップレベルに入る素晴らしさなんじゃないかな。

「零-zero-」はとにかく歌詞が深すぎる

もうね、何度聞いても歌詞の意味が全体的に深すぎるんですよ。全体的に考察?してるのでめっちゃ長くなります。ごめんなさい。

まずは始めの部分。

振り翳した刃はすぐ自分に斬り掛かってきたんだ そう僕には「善」も「悪」も「間違い」もある 僕を騙す僕もいる…これって完全に降谷零・バーボン・安室透のトリプルフェイスのことやん。

降谷零という善、バーボンという悪。安室透はまぁちょっと曖昧な存在ではあるけど、結局は日本を守るという任務のせいで正しいことをできないこともあるよね。

結果的に日本を守ることになるとしても、降谷零が思い描くような正義ではない「間違い」を犯すこともある。

日本を守るために悪を駆逐しようと噛みついていったけど、結局は組織に潜入して警察の正義とは程遠いことをしないとダメで、組織に向けたはずの刃は自分にも戻ってきてる。

考えるだけでしんどい。

誰も傷付かず 誰も傷付けないまま 君を守ることなどは 出来ないとわかってる 「完全なる正しさ」など ゼロなんだよ

この部分なんですけど、勝手に「君」は日本とか日本に住む人々のことなんかな?って思ってて。

そう考えると、結局犠牲を払わずには国も国民もすべては守ることができない。だから誰もが思い描くような「完全なる正しさ」なんてゼロ…って言ってるのかなって。

それこそ歌の一番はじめでも言っているように、真実は一つしかなくても、正義は人の涙の数だけ、心の数だけある。立場が変われば正義なんて変わる。

ほんとうに、福山雅治さんは天才だ。

そしてサビの、君を守りたいそれでも守りたい その笑顔 そのために時として 悪になったとしてもっていう部分。

きっとこれはバーボンとしての仕事を指してる。バーボンという悪になったとしても日本を守りたいっていう降谷零の気持ちの表れがしんどい。

愛の名のもとに 誰かが愛の鎖で 君の心 縛っても 心にはやがて血が滲むのなら この刃で 愛を斬るよ

この部分はもしかして降谷零と日本の関係性を表してるんじゃないか?って思ってて、心にはやがて血が滲むのなら この刃で 愛を斬るよって、日本のためなら自分は犠牲になる…っていう降谷零の心情を表してるのでは?と。

めちゃくちゃしんどいですよね。こんなにも日本のために頑張っている人がいるのだろうか?いや、きっといないはずだ。

そして、愛の名のもとに 誰もが愛に迷っても 真実はいつもひとつ だけど正義はいつも ひとつじゃない 無限なんだ ゼロじゃないんだ だから探すよ 零の可能性をという部分。

迷っても、守り方が違っても、守りたいという真実は一つ。でも正義は一つじゃなくて、たくさんある。人の心の数だけある。守り方が、愛の形がちがうんだよ。ということを表している歌詞。

心を消してゼロとして生きていかなければならない降谷零だけど、完全なるゼロにはなれなくて零(れい)としての可能性をいつも探している。

それこそ福山雅治さんが言っているような、「完全なる正しさは存在しない。という全否定と、正義は人の心の数だけあるんだよ。という肯定」の矛盾と葛藤が「零-zero-」という歌でしっかりと描かれています。

軽率に泣いてしまいそうになりますね。私は泣いた。

本当に、なんて深い意味がある歌と歌詞なんだろう。福山雅治さん、本当に素晴らしいです。

本当にこんなに素敵な歌をありがとうございます…って心から尊敬しています。

全員いますぐ「零-zero-」を聞いてください

もし「コナン映画興味ないなあ」って思ってるなら、とりあえず「零-zero-」を聞いてください。

これならYouTubeですぐ聞けるでしょ?とりあえず聞いて。

絶対に聞いたら「ゼロの執行人見に行くわ!」ってなるから。

こんなにも歌でいろんなことを想像して感情移入できるのか、って驚くレベルですごいから。

今までだって「福山雅治さんすごいなあ」って思ってたけどこの人は神だよ。本当に素晴らしい方。

主題歌を担当するにあたって、キャラクター1つ1つを考察して、しっかりと魂を込めてるんだよ。

福山雅治さんの「零-zero-」があったから、ゼロに所属する降谷零という男の心が少しでも感じることができた。

みんな今すぐ聞いて。

あわせて読みたい
【ネタバレあり】コナン-ゼロの執行人を見に行ったら本当に最高だった
【ネタバレあり】コナン-ゼロの執行人-を見に行ったら本当に最高だった2018年4月13日に公開された映画、名探偵コナン ゼロの執行人… ほんとうに素晴らしかったのでまだ見に行ってないなら今すぐこのペ...