映画

グレイテストショーマンを4回見た私がピックアップする泣ける10シーンはこれだ!

グレイテストショーマンだいすきなるみです😇💕

何回見ても最高オブ最高なのですが、見るたびに泣けるポイントが増えて困ってます。

結局旅行へ行く飛行機でもグレイテストショーマンがしてくれていたので、合計で4回みたことになりました🐷

ほんまは5回やけど、途中で寝ちゃったので4回ってことにしとく👌🏻💕

さて、そんなグレイテストショーマンだいすきな私が泣けるポイントをピックアップしてみました😇

ネタバレ含めて書くので、まだ見てない方は注意してください🙏🏻

はじめのmillion dreamsの歌部分

まずね、この部分を泣かない人はいない。なんといっても歌詞が最高すぎる…!

周りからクレイジー、おかしいって言われても気にしない、自分が想像する世界で生きる…

みないな歌詞なんやけど、もう最高じゃないです???

これだけで泣く。もちろん映像も最高なんですけどね。

特にお父さんが亡くなってしまったシーンは死ぬほど泣きます。

一瞬だけやのにこんなに泣けるの?ってくらいすごいです。

そしてこの歌はバーナムの気持ちがめっちゃ詰まってると思う。ほんまに素晴らしい。

歌詞はぜひこちらで確認してみてくださいね🙏🏻🙏🏻🙏🏻

Come aliveを歌うシーン

Come aliveには泣ける部分が2つあるんですよ!!!

それが、レティが初めてドレスアップして人前に出るシーン初めてのショーが拍手喝采で終わるシーン!

かなり始めのシーンなんやけど、それぞれがファーストショーで準備をしているとき。

巨人さんの足がもつれて、カーテンを飛び越えて人前に出ちゃうんよね。

そのときにバーナムはレティにも「みんなは君を待ってる!」って言って人前に出すんやけど、そのシーン!!!

母親の背に隠された女の子がこっそりと顔を出してレティと目が合うの。

そして、レティを見てほほ笑むの。

周りに否定され続けて笑われていたレティが、初めて存在を認められたシーン。

めちゃくちゃ泣く。純粋な子どもだけが、レティを見てほほ笑むねんで?

そんなに心打たれるシーンある?泣くしかなかった。

ぜひ一度注目して見てほしいです😭💓

そして、仲間を集めたり準備が大変やったショーが大成功を収めるシーンはもう最高…!

この部分の何が泣けるかって、拍手に包まれるバーナムが「認められた」って感じるところ。

嬉しさであふれてて、それまで否定ばっかりされてきたバーナムにとってははじめて自分の存在価値が認められたようなもの。

このシーンはほんまに泣ける。

特にバーナムの子ども時代を掛け合わせて考えると涙とまらへんかった😭😭

ジェニー・リンドのNever enough

歌や歌詞だけでもめちゃくちゃ泣けるNever Enoughですが、それぞれの葛藤には涙しかない…。

まず音楽と歌には泣くしかない。というかほんまに心揺さぶられるんよね。

歌詞は要約すると「どんなものを手に入れたってあなたがいないと何も足りない」みたいな感じ。

その歌詞を知るだけでまず泣きたくなる…😭😭😭

そしてこの歌の最中にはそれぞれの葛藤が描かれていて…!

まずはフィリップとアナ。想いが通じ合ってるのにフィリップの弱さのせいでアナを傷つけてしまうところ。

アナの気持ちを考えたら、こんなにも泣くことある?ってくらい泣いた!笑

もう一つはチャリティとバーナムのシーンよね。

バーナムがリンドに魅了されているところをチャリティが見て、何かに気付いてしまうシーン。

恋愛とかそういう意味じゃないけど、表情だけでチャリティの不安が描かれてる。

バーナムと子どもたちと幸せに暮らせたらそれ以外なにも望んでいないチャリティの葛藤さえも見えた。

This Is Meをみんなが歌うシーン

このシーンを外してはグレイテストショーマンを語れない!!!!!

それだけ最高な歌とシーンやねんけど、この部分で泣かへん人いてる…!?

レティが中心に立って歌い踊っていることにも意味があって、歌詞の意味を知ったときさらに泣く。

「これが私なのよ」って強いメッセージ性のある歌。

そして何が泣けるかって、レティが力強く歌うところそうやけど「This Is Me」っていう歌詞のときにアナとフィリップが目を合わせるシーン。

しぬほど泣く!!!!!!!!!!!笑

家族から言われてアナとの関係を遠回しに否定したフィリップに「それでもこれが私なのよ」って訴えかけるところ。

たぶん映画の中で一番泣くと思う。

時代的に描かれているのって差別が今よりもあったときで、きっとアナもそれがあったはず。

それでも好きになってくれたフィリップに否定されて傷つかんはずがないよね。

そのフィリップに対して「あなたが否定してもこれが私なの」って目線だけでわかるシーン…。

次見るとき注目してみてください😭🙏🏻

Rewrite the starsのシーン

この歌の前にフィリップの両親にアナが傷つけられるシーンがあるんやけど、そこもめちゃくちゃ泣ける。

というのもフィリップがお母さんから「あなたの居場所はここなのよ」って言われるねんけど「ここが僕の居場所なら1秒たりともいたくない」みたいに返すところがあって、それがフィリップは人目より自分の気持ちを大切にしたんやな…って最大級に感じられるシーン。

そのあとにRewrite the starsを歌ってるんやけど、この歌はフィリップとアナの葛藤が描かれてる。歌詞とかも「好きだけど一緒にいられない」って…😭😭

めちゃくちゃ泣く。

好きやのに、なんで!なんで!!!!ってなる。

時代が違ってたら、きっとすぐにでも二人は結ばれてた…。

バーナムがリンドと去ってしまうシーン

ニューヨークでリンドのショーが成功したことをきっかけに41公演ものツアーを始めようとするバーナム。

チャリティに「すべての人に愛される必要なんてないのよ」って止められるのに「君に僕の気持ちはわからない。父は虫けらのように扱われた。僕もそうやってされ続けてきた。でも子どもたちはそうじゃない。」って、自分の過去があったからこそ子どもたちが自分のように辛い思いをしやんようにますます成功を追い求めちゃうんよね。

それが正しいか正しくないかじゃなくて、バーナムの気持ちを考えると死ぬほど泣ける。

子どものころから貧乏で虫けらのような扱いを受け続けて、結婚して子どもができたのにチャリティの両親には認められずにいて、サーカスで成功していても馬鹿にされ続ける。

そりゃあ周りから「認めてもらいたい」って思うよね。

しかもリンドはバーナムに惹かれてるし、チャリティの気持ちも考えるとしんどい。でもバーナムの「認められたい」って思う気持ちもわかる。

しぬほど泣く。

ジェニー・リンドのNever enough(2回目)

これってリンドがバーナムにめちゃくちゃ傷つけられるシーンでもあるんよね。

有名なオペラ歌手としてみんなから羨ましがられてるけど、ほんまは婚外子でずっと孤独を感じてる。そこにバーナムが現れて初めて本当の自分を見てくれた。

だからこそ恋に落ちたのに、結局そのバーナムも自分自身をビジネスとしてしか見てなかった…。

そりゃ傷つくわ!!!泣くわ!!!

あのときのリンドの歌ほど心揺さぶられるものはないと思う。リンドの気持ちすべてが詰まってる。

結局このあとリンドは出てこなかったから、どうなったのかが気になるなあ。

記者とバーナムの会話

実は火事のシーンから泣けるところいっぱいやねんけど、最後は結局記者とバーナムの会話にもっていかれるからまとめとく。

火事になってフィリップがアナを助けに火の中に戻っていくところ…いやもうフィリップの気持ち全面に出てない?

もちろん助けにいくバーナムにもシビれる。ほんまにほんまに無事でよかった!って涙が出るところ。

そしてそっから最高なのが!記者とバーナムの会話!!!!!!!!

この二人の会話にグレイテストショーマンのすべてが詰まってると言っても過言ではない。

あれだけバーナムのサーカスを批判していた記者やったけど「私は好きじゃなかったけどきっと他の人たちには愛されていただろうな。」って初めて認めるの。

さらにこんなことを言います。

「色も形もサイズも、すべてが違う者たちを平等に同じ舞台にあげた。きっと私以外の記者だったらこう言っていただろう。人類の祝杯だと。」

いやいやいやいや、このシーン泣かへん人とかいてる???

何回見ても、この言葉を言われる前に泣いてますね。

【A Celebration of humanity】

こんなに素敵な台詞がかつてあっただろうか。

バーナムが無意識にしていたことが結局は全員を平等に扱って、舞台上では差別なんかなくしてた。

しかもそれを言ってくれたのが今までずっと批判ばっかりしていた記者。

素晴らしいシーンとしか言いようがなかった。

From now onのシーン

火事とリンドの公演中止、そしてチャリティたちも家を出てしまって何もかも失ったバーナムやったけど、その中で残ってくれたのがレティやほかの仲間たち。

そこで印象に残るレティの言葉があって…それがめちゃくちゃ泣けるんですよね。

「母親でさえ私を恥ずかしがって隠した。あなたはお金のためだったかもしれない。でも希望と本当の家族を手に入れることができたの。サーカスは私たちの家(ホーム)だった。」

いやいやいや、泣くでしょ。

一度はひどい裏切りをしたバーナムに対してこんなに素敵な言葉かけるとか、もう素晴らしい仲間じゃないですか。

しかもみんなが「ホームをとり戻したい」ってバーナムを勇気づけるねんで。

泣く要素しかないシーン。

この言葉で自分の行動とかを改めてFrom now onを歌うんやけど、歌詞がまた最高で😭!!!

そして歌の最後らへんに出てくるのがフィリップが目覚めて「ずっとここにいてくれたのか」ってアナとキスするシーン。

二人の!愛が!報われた!瞬間!!!!!!!!!!

大号泣!!!!!!!

すべてを乗り越えて結ばれた二人にはほんまに心打たれる。

最後のシーン

結局みんなで集まって「ホームをとり戻そう!」って言ったところでお金もなにもないわけですよ。

もちろんどの銀行だって貸してくれなくてバーナムでさえ「きっと僕にお金を貸してくれる銀行はない」なんて弱音を吐くわけ。

でもそこでやっぱり素晴らしいのがフィリップなんよね。

「バーナムと関わってパーティにも誘われなくなった。でもフレンドシップやラブ、誇りに思う仕事を手に入れることができた。ありがとう。」って。

「そんな喜びで銀行がお金貸してくれると良いんだけどな…」っていうバーナムに対してフィリップは「僕は貸すよ」なんて男らしいこと言ってさ!!!

実はバーナムからもらってたマージンをずーっとフィリップはいざという時のために貯金してたんよね。

いやいやいや、最高に男前じゃない!?!?

しかもそれを今度はパートナーとして、フィフティフィフティで出すとか…。

泣くところしかなくないですか!?

タオルびっしょびしょなるくらいまで泣きました。

結論:グレイテストショーマン最高

まあ結局何が言いたいかって、グレイテストショーマン最高だよってこと😇😇😇💕💕

最近で言うとCOCOも泣いたけど、やっぱりグレイテストショーマンを超える映画はないなあと。

見た人それぞれの価値観や持っているバックグランドによって見方や感想が変わるし、こんなにも素敵な映画はない。

はやくDVD出てほしいです。

みんなも私がピックアップした泣きポイント確認しながらもう一度映画見返してみてください🙏🏻

ほんまにほんまに目がぱんっぱんになるほど泣くから!!!!!!!!